フリック入力の上達には練習アプリより指で隠れない補助表示が効果的

ZenFoneのフリック 格安SIM

フリック入力はやりにくい…

もしかしたらそれは補助表示の形に問題があるのかもしれません。

最初は誰でも周りに出てきたひらがなを確認して指を動かします。

お使いのスマホ、周りに出てくるひらがなが見にくくないですか?

指で隠れない補助表示があれば上達が断然速くなります。

スポンサーリンク

フリック補助表示が上に出ると打ちやすい

iPhoneのフリック入力表示はこちら。

iphoneのフリック

これだと自分の手に隠れてしまう「え行」と「お行」はどうしても打ちこみが遅かったり間違えたりします。

今使っているZenFone(ASUS社のスマホ)のフリック画面はこちら。

補助表示が指の上に出るのです!

ZenFoneのフリック

どの方向も瞬時に見えて反射的に選べます。

するとどうでしょう!

指がすっかり慣れて表示が出るかでないか位のタイミングで打てるようになったのです。

スポンサーリンク

ジェスチェアー入力(フラワータッチ入力)

ZenFoneの初期設定は、不思議な形のフラワーフリックです。

フラワーフリック

普通のフリックキーボードに切替る前にちょっと試して見ると、これも案外悪くないなと思いました。

文字が全部指より上に表示されているので、目当ての文字を選びやすいのです。

他の機種に標準装備かどうか怪しいので、フラワーフリックだけに慣れるのはあまりおすすめしません。

とはいえ、PC日本語変換で有名なATOKのフリック入力様式らしいので、そのうち市民権を得るかもしれません。

ZenFoneフリックの切り替えは、設定→言語と入力→仮想キーボード→ATOKforASUS→テンキー→入力方式 からどうぞ。
スポンサーリンク

キーボードアプリ「Simeji」には初心者向け表示がある

そうはいっても、私のスマホはZenFoneじゃないし・・・

そんな方もご心配なく!

顔文字入力で人気の「Simeji」というアプリを入れると、フリック初心者用のキーボードが表示できるようです。

補助表示が指の上に出るだけでなく、キーボードの4辺にあらかじめひらがなが書いてあるので、タッチ前にスライド方向を確認することもできますね。

しめじ

スポンサーリンク

練習用アプリより実践あるのみ!

フリック入力のタイピング練習アプリってありますよね。

楽しいならいいですが、わざわざ練習のために時間を使うのってもったいなくないですか?

もし時間が取れるなら、買い物リストをスマホ入力にするとか、疎遠になっている友達にメールでも打つ方が一石二鳥です。

補助表示が指に隠れないと多少ゆっくりでもイライラしません。

見えない「え行」「お行」の文字を探すのに、考えたり指の隙間を覗き込んだりしなくていいからです。

私はスマホを変えてから一気に速くなりました。

スポンサーリンク

まとめ

フリック入力は慣れれば速いので挑戦すべし!

練習は(右利きの場合)「え行」「お行」が隠れない補助表示

  • ZenFoneフリック画面
  • しめじのフリック初心者用キーボード
  • ATOKフラワーフリック(他のスマホでは使えないかも?)

で、とにかく実践あるのみ。

魔法のようにシュッシュッと打てるようになります♪

関連記事

UQモバイルでSIMと機種を替えるときの注意点 (LG→ZenFone4)
...
中学生スマホデビューはOCNモバイルONE1日110MB通信SIMで1000円スタート!
...