イエローゴールドとピンクゴールドどっちにするか迷っているあなたへ

ピンクゴールドのリング ジュエリー

結婚指輪、婚約指輪、エタニティー…

ピンクゴールドの方が可愛いと思うけど、

イエローゴールドの方が長く使えるかなぁ・・・

 

悩みますよね、ジュエリーの地金。

 

今はピンクゴールドが似合うけど、歳を取った時の事を考えたらイエローゴールドがいいかな?

と、考えているのなら…

 

ピンクゴールドにしましょう!

 

ピンクゴールドとイエローゴールドは一見似ているので妥協できそうな気がしますが別物です。

ピンクゴールドに惹かれる人がイエローゴールドを買うと、派手過ぎてお蔵入りする可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

イエローゴールドとピンクゴールドの違いは「印象」です

ピンクゴールドは肌色

ピンクゴールドは肌色だと思ってください。

遠目にほとんど目立ちません。

例えばダイヤぎっしりのエタニティやパヴェですとダイヤだけが指に巻き付いているように見えます。

エタニティーリングですと、プラチナと同じ太さでも一回り細く見えるほどです。

 

これを「損」ととるか「控えめで上品」ととるかでピンクゴールドの評価が変わります。

 

口紅でいうと、淡いピンクベージュみたいなものです。

 

イエローゴールドは地金自体が宝飾品

イエローゴールドはダイヤが付いていなくても目立ちます!

ゴージャス好きなら迷わずイエローゴールドです。

ダイヤを乗せても色石を乗せてもしっかり「地金は金です!」と主張します。

 

口紅でいうと、赤や濃ピンクです。

 

スポンサーリンク

ピンクゴールドが似合わなくなる年齢はかなり先です

年をとると肌がくすむので、ピンクゴールドはだんだん目立たなくなります。

年配者が薄いピンクベージュの口紅を塗っても「どこが口?」ってなるのと同じです。

おばあちゃんになったら確かに口紅は濃い目にした方が良いし、ジュエリーはイエローゴールドの方が映えます。

 

しかしそれって何年先でしょう?

 

せっかくジュエリーを買う機会があるのなら、今似合うものを5年、10年使い倒しましょう。

 

「ジュエリーは少し背伸びして選ぶべし」といいますが、それは5年ほど先のこと。

自分の親世代の歳まで見るのはやり過ぎです。

 

ジュエリーを買うのが生涯でこれっきりのように選ぶ必要はありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

今、ピンクゴールドが好きで似合うならピンクゴールドにしましょう。

 

ピンクゴールドが似合わなくなるのはずっ~と先です。

それまで10年も20年も「派手かなぁ?」と思いながら過ごす必要はありません。

 

ジュエリーを付け慣れて、

ジュエリーが似合う人になれば、

自然と年齢に見合ったジュエリーを手にできる生活を送れますから♪

 

関連記事

プラチナとゴールドどっちを選ぶ? あなたの好みは周期的に変わる
...
10周年結婚記念日 スイートテンダイヤモンドの予算と選び方のコツ
...