WordPressテーマを超速Cocoonに変更♪PSほぼ満点!

ブログ関係

ブログのテーマ(テンプレート)を3か月使ったSTORKからCocoonに変更しました。

初心者でも簡単に綺麗なデザインが整うSTORK。

カスタマイズ情報や初心者向け解説も多くて、デフォルトの色合いもツボ♪

今も好きですが、凝ったデザインはどうしても表示スピードが犠牲になるようです。

ベータ版のテーマに乗り換えるのは勇気がいりましたが、

  • とにかく表示速度が速い!
  • 囲み記事とリンクの変更に時間がかかった・・・
  • 新テーマに乗り換えやすいように記事を書こう!

と、いろいろ思うところがありましたので書き留めておきます。

※2018年7月に正規版が公開されました。

スポンサーリンク

表示速度が速い

とにかく感動的に速いです!

今まで、少しでも速くしようとヘッダー画像削除、小粋なアレンジも削除、軽量化プラグインも探し回って私なりに頑張っていたのですが、あっさり解決しました。

驚きの表示スピードをご覧ください。

速さを求めるなら試す価値あり

ページ表示スピードを測定するサイトは、たいてい改善提案を出してくれます。

どのページも口を揃えて「画像を最適化しなさい」「コードを最適化しなさい」「キャッシュを設定しなさい」と教えてくれます。

でもね~、何が最適なのかがわからないのですよ・・・

プログラムに疎いなら、悩んでいるより求める機能で評判の良いテーマにまるっと移った方が良いと実感ました。

スポンサーリンク

移行の際に便利だったものと手間取ったこと

便利だった機能

スキンがいくつか用意されていたことです。

有志の方が提供してくださっているようです(感謝♪)

テーマをインストールしたら、まず気に入ったスキンを選びます。

私は「おでかけレモン」を使いました。

春のおでかけがテーマのCocoonスキン「おでかけ」シリーズ3種の紹介
Cocoonテーマをかわいくしてくれる「おでかけ」スキンの紹介です。

完成されたデザインで表示されるので「デザインのカスタマイズ」と「リンク貼り替え」、どちらを先にすべきか?と悩む必要がありません。

修正が終わってから、スキン「なし」を選んで、ゆっくりカスタマイズができます。

数はまだ少ないですが素敵なデザインばかりなので、しっくりきたら使い続けてもいいと思います。

手間取ったこと

内部リンクの形式

以前、記事の投稿番号を使ったリンクカードで内部リンクを表示していました。

一方、Cocoonの内部ブログカードは、アドレスを記述するだけ。

なので、この貼り替えは意外と面倒でした。

「注意」「補足」などの囲み表示

STORKは複数行でも箇条書きでもそのまま囲めましたが、Cocoonでは改行ごとに区切られてしまいます。

  • Aの件
  • Bの件

を、まとめて枠に入れようとすると・・・

↓こんな感じになってしまいます。

  • Aの件
  • Bの件

仕方なく、いったん改行を消して1段落にまとめてから枠に入れ、テキストエディタで改行しました。

もしかすると、テキストで直接指定すればよかったのかもしれません(使いにくいけど・・・)

吹き出し、アンダーライン、太文字など

吹き出しは一度登録すると簡単に使えるので、入れ替えは比較的楽でした。

アンダーラインについては、私は使用していませんでしたので、わかりません。

太字や文字色変更、引用文の囲みはそのまま移ってきました。

スポンサーリンク

新テーマに乗り換えやすいように記事を書こう

WEBの世界って、本当に流れが速いですよね。

今はgoogleがほぼ満点を出しているCocoonですが、この先10年トップスピードかどうかは、誰にも分りません。

私がスピード以外の何かを求めたくなるかもしれません。

今回の初テーマ変更は30記事程度だったのですぐ終わりましたが、次は大変だと思うのです。

やってみて痛感したのは、

テーマ内蔵の装飾に頼りすぎてはいけない!

ということ。

私は見出しにパキッとした色を使うのが好きなので、文中の色使いは抑えていました。

・・・あ、ごめんなさい。ちょっと盛りました。

マーカー設定がうまくできなかったので、強調したい部分を仕方なく太字にしていただけです。

しかし、結果として乗り換え時に作業が少なくて済みました。

将来必ず直面するであろう乗り換え作業を思うと、下図の赤枠の機能だけで読みやすい記事を書けるように腕を磨こうと思った次第です。

だって、小説も新聞も本文は単色の1サイズ文字ですからね!

プリズム
プリズミン
でも吹き出しは好き♪

 

スポンサーリンク

まとめ

  • cocoonはとにかく速い!
  • テーマ内蔵の装飾を使った部分は修正作業が大変
  • 装飾に頼らなくても伝わる文章力をつけよう!

まだ、あちこち触りたいので、このへんで・・・

cocoonのダウンロードはこちらから

無料WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」を公開しました
SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマCocoonの紹介記事。