旅行の荷物を小さくする工夫5選

旅行

とにかく旅行の荷物は小さくしたい!

私は車のない家で育ったので「荷物は小さく」は基本だと思っていたのですが、主人と結婚して「車の移動」が日常になると、以前ほど荷物の量を気にしなくなりました。

でも今回の海外旅行で、長年培ってきた荷物小型化技術(?)が役に立ってちょっとうれしい♪

飛行機に手荷物だけで乗れれば、荷物を預けたり受け取ったりで時間を取られることもないし、トランク行方不明のリスクもないしとっても気楽です。

スポンサーリンク

リキッドファンデはコンタクトケースに

今回初めて試しましたが、液モレもなく非常に良かったのでお勧めします。

私はコンタクトを使っていませんが、主人のケースを1つ分けてもらいました。

コンタクトレンズを使っている人はたくさん持っているようなので、目が悪い人が家族にいなくても、お友達に1つ欲しいと言えば簡単に手に入るのではないでしょうか?

反対側には、練りチークを入れておきました。

スポンサーリンク

歯ブラシケースは、化粧ブラシやアイペンシル入れにピッタリ

100均の歯ブラシケースは、細長い化粧品を入れるのにぴったりです。

この長さのものを収納できる化粧ポーチはかなり大きいはずです。長いものをこのケースに入れてしまえば、アイシャドウや口紅などは小さい巾着やジップロックに入ります。

スポンサーリンク

洗濯用のハンガーは「ひも」でいい

荷物を減らすなら現地で靴下や下着を洗うのは必須。洗濯ばさみが6個くらい付いたトラベル用ハンガーもありますが、かさばります。

そんな時便利なのが、古新聞や古雑誌を束ねるときに使うビニールのひも。

ひもを結びやすい家具が何もない時は、シャワーカーテンのバーからドアノブ付近に渡して使ってます(トイレは閉まらなくなりますが)。

下に使い終わったバスマットやバスタオルを敷いて、よく絞った洗濯物を掛ければ朝にはほぼ乾きます。生乾きのものは連泊するならハンガーに移しておくとシーツを直してもらうときも気にならないし、夕方には完全に乾いています。連泊しないならドライヤーで強制乾燥します。

一番乾きにくいのは靴下なので、靴下だけは日数分持っていく方がいいかもしれません。

使い捨ての紙パンツも売っていますが、さすがにそこまでは割り切れませんでした。

スポンサーリンク

折り畳み傘は輪ゴムでトートバッグに装着できます

リュックなどは、傘やペットボトルを入れる場所があったりしますが、普通のトートバックにはありませんよね。

見栄えは悪いですが、帰りにお土産が増えて1つでも荷物を減らしたいなら試してみてください。

太目の輪ゴム2つでくっつきます。

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンの袋がなくなったらポケットくるりん

とにかく重宝するユニクロのウルトラライトダウンですが、あの小さい袋、すぐなくなりませんか?

無くしてしまった時は、ポケットの裏側が上に来るように丸めて、くるんとひっくり返すと小さくなります。

ぶら下げたいときはあらかじめ後ろ襟のループにゴムなどを結びます。父は「袋を無くすので」とここに袋を結んでいました(私もそうしておけばよかった・・・)。

裏返して、このポケット裏に全体を入れます。

裏返したまま細長く畳みます。

襟の方からくるくる巻きます。

ポケット裏をくるんとひっくり返します。

そのままバッグやベルトにも下げられるので両手が空きます。

見栄え?

ほら、この冬バッグに大きな毛玉のアクセサリーを付けている女性、多かったじゃないですか。遠目には変わりませんよ、多分・・・

スポンサーリンク

ポーチより巾着や風呂敷を

小物はポーチのようなマチのあるしっかりした入れ物にいれるとかさばります。巾着袋や風呂敷のように自由に形が変わり、中身がなくなったらペタンコになるものに入れるのがポイントです。

え、可愛くないって?

う~ん、可愛いポーチは日常楽しんでください。今は100均でそこそこ可愛い巾着も手に入るので、非日常の旅行中はこのくらいで我慢してください。

スポンサーリンク

最後に

デルタ航空の手荷物サイズは56×35×23cm。だいたい、学生が背負っているノースフェイスの大き目リュック(30L)くらいです。

ボストンバッグでも、キャスター付きスーツケールでも、この大きさに詰められればアメリカの国内線も荷物を預けずに動けます。

私たち夫婦は小型コロコロケース、息子たちはリュック、父は肩掛け付きボストンバッグでした。

帰国時、税関で「1週間のお荷物、これだけなんですか?」と言われた時、妙に誇らしかった私です。

旅行の荷物を小さくするワザを駆使して、限られた旅行時間を有効に使いましょう♪

 

2018GW旅行の記事まとめページはこちらです。

NY、ナイアガラ、ディズニーランド旅行まとめページ 2018GW
...