水泳ゴーグルおすすめ色 中高年にはラベンダー・パープル!

子供2人水泳中 カラフル

関節に負担がかからない運動といえば水泳。

中高年になってから始める方も多いですよね。

もし、新しくゴーグルを買う機会があったら「薄紫」「ラベンダー」「パープル」をおすすめします。

なぜかって?

それは加齢で黄色くなった視野を

「シャキッ!」と漂白してくれるから♪

夏休みのプールの景色がよみがえって、河童のようにスイスイ泳げるかもしれませんよ?!

 

スポンサーリンク

加齢による水晶体の黄変

まずはこちらをご覧ください。

加齢による見え方の変化ってこういうことです。

↑正常な見え方

↑加齢により水晶体が黄濁した時の見え方

写真:(株)フジタ HPより

目のレンズが黄色く濁るので、補色の青~紫あたりが見えにくくなるのです。

 

えー? 本当? そんなことってある?

 

では、証拠をお示ししましょう!

街で白髪を紫に染めているおばあちゃんをお見かけしますよね。

黄ばんだ白髪にすこーし紫をかけると、白が引き立つのです。

しかし、ご本人は紫が見えにくいのでついやり過ぎに。

結果、アニメキャラっぽくなってしまうのだそうです。

 

あ、孫にからかわれても、紫髪やめなくていいですよ。

同年代のご主人からは綺麗な白髪に見えてます^^

 

スポンサーリンク

ラベンダーのゴーグルが黄ばんだ景色を漂白

ラベンダーのゴーグルをかけると視野がシャキッとシャープに見えます。

もちろん、黄ばんだ視野が元に戻るわけではありません。

単に黄色の補色フィルターで、黄色が一様に見えにくくなるだけです。

 

でも、生成りのシャツから、蛍光染料入りの真っ白Yシャツに着替えたような色変化はちょっと新鮮♪

もしかしたら、子供の頃はこんなすっきりした世界を見ていたのかな?

と思いながら泳ぐのも一興です。

そして、ゴーグルを外したときに目に入る黄みを帯びた柔らかい色彩。

これがまた明るくて良いんです。

加齢によって色が正確に見えなくなることは残念ですが、少し黄ばんだ世界って柔らかで優しくて幸せだぁ~って♪

 

スポンサーリンク

まとめ

中高年の方は、一度ラベンダーのゴーグルを試してみてください。

息継ぎもせずにタイムを競った、あの夏の光の白さを思い出せるかもしれません♪