10周年結婚記念日 スイートテンダイヤモンドの予算と選び方のコツ

ジュエリー

結婚10周年おめでとうございます!

 

このページを見ているということは

奥様にスイートテンダイアモンドを贈ろうかなぁ・・・

と思っているのですね。

 

予算はどのくらいあればいいのか、

どんなアイテムがいいのか、

男性にはなかなか分かりませんよね。

 

う~ん、それにしても奥様はお幸せです^^

 

私は待っていても何も起こらないので

結婚12周年にがっつり調べまくって自分で買いました(笑)

せっかく調べたのでまとめておきます。

参考になれば幸いです♪

 

スポンサーリンク

記念リングを買うならハーフエタニティ

ハーフエタニティリングとは

エタニティリングって聞いたことありますか?

小粒のダイアが一周しているデザインです。

エタニティというのは永遠という意味。

ダイアが終わりなくグルリと指を取り巻くのでそう呼ばれています。

 

とても素敵なのですが、金属部分が少ないので将来太っても(!)サイズ直しができません。

また、普通の主婦が長時間愛用するには若干強度に問題があります。

 

そんなわけで実際普及しているのは手の甲側だけ半分ダイアがあるタイプ。

ハーフエタニティと呼ばれています。

半分永遠という矛盾した名前が嫌で「ストレートリング」と表示する宝石店もあります。

 

スイートテン・ダイアモンドとして贈るならハーフエタニティ(ストレートリング)を推薦します。

なぜなら、

  • 1本でつける
  • 結婚指輪に重ねる
  • エンゲージリングに重ねる
  • 他の色石リングと重ねる
  • ありったけ重ねちゃう!

と、だんだん派手になる女性のおしゃれを末永~く支えてくれるからです。

 

ぶっちゃけおいくら?

細かい話は抜きで

ノーブランドのリングで

このくらいなら記念品クオリティ合格というレベルを出しますね。

 

ドン!

3mm幅くらい(合計1カラット)→20万円
2.5mm幅くらい(合計0.5カラット)→10万円

 

この値段を大幅に下回る場合、正直あまりキラキラしません。

本人が納得ずくで「大きいのが欲しいから輝きは二の次」と割り切っているならともかく、長く使ってほしい記念日ダイアならこのくらいが相場です。

百貨店だともう少し高価です。

3mm幅くらい(合計1カラット)→20万円

かなりゴージャスです!!

地味目な30代前半だと若干持て余すかもしれませんが、5年先、10年先に大活躍することは間違いないです。

10粒が隙間なくぎっしり詰まっているデザインでもリングの半周は埋まるので、

10粒エタニティとしては非常にバランスがいいと思います。

2.5mm幅くらい(合計0.5カラット)→10万円

使いやすい太さでお薦めです。

ただし10粒が隙間なくぎっしり詰まっているデザインだとダイヤがリングの半分を埋めないかもしれません。

一粒ずつ離れているようなデザインなら指の脇の方までダイヤが埋まります。

指が太めなら特に離れているデザインがおすすめ。

ネットで買うときはダイヤモンドの4C(カラット、カラー、カット、クオリティ)表示のあるお店で!! 世の中には輝かないダイヤもいっぱいあるのでご注意ください。

参考:細幅1mm~1.5mmくらい(2万円くらい~)

細いものも素敵です♪

一般的に1粒が小さく指を半周するのに20粒程使うものが多いのでここでは割愛します。

(お誕生日など10粒にこだわらない時はおすすめ。)

 

粒の間が空いているタイプで10粒のものもあります。

ダイヤが主役ではなく、あくまで金属が主役のリングになります

「一生ものの記念品ダイヤモンド」

ではないかもしれませんが気楽に贈れるかも♪

「10石 ダイヤ リング」などで検索してみてください。

 

サプライズにしたいけどリングサイズがわからない場合

マリッジリングのサイズなんて覚えていませんよね。

私も主人のサイズは忘れました(汗)

そんな時はこちら。

奥様がよく着けているリングをゲージ棒にはめてください。

プラスチックや銀製のファッションリングでもいいです。

あまり着けていないものはサイズが合わなくてタンスの肥やし化している場合もあるので要注意です。

また、マリッジリングは変形している場合があります。

変形していると正確に測れませんので別のものにしてください。

 

リングゲージ棒は宝石店に必ずあります。

奥様の指輪を1つ持ち出して宝石店で測ってもらうという手もあります。

 

スポンサーリンク

プチネックレスやピアスなら2万円前後~

予算が少ない場合、リングは潔くあきらめましょう。

 

リングは目との距離が近いので特に高品質が求められます。

しかしネックレスやピアスはそうでもありません。

むしろ周りの金属の色の方が主役です。

 

18kネックレスで小粒のダイヤ10個でデザインされているものなら2万円くらいからあります。

「10石 ダイヤ ネックレス」などで検索してください。

 

金の表示は24kが純度100%。

記念品ジュエリーとして流通しているのは18kです。

当然、金の比率を14k、10kと下げれば安くなります。

しかし「いざとなったら地金として売れる」というのもジュエリーが愛される理由のひとつです。

金として取引される50%以上含有(12k)を下回らないようにした方がいいと思います。

 

スポンサーリンク

地金の色は何がいい?

マリッジリング、エンゲージリングの色に合わせるのが無難です。

 

マリッジを普段着けていない場合、普段のアクセサリーや時計は何色が多いですか?

金色が多いなら金、銀色が多いならホワイトゴールドかプラチナがいいです。

 

ホワイトゴールドとプラチナは元素から違いますか、どちらもロジウムメッキをするので色は同じです。

昔は「記念品はプラチナ」と言われました。

プラチナの方が高価だったからです。

でも今は地金価格が逆転することもあるくらいなのでホワイトゴールドでいいと思います。

 

ピンクゴールドというものもあるのですが、男性には金と見分けがつかないかもしれません。

普通の金色と違うかなぁ? と思う時計やアクセサリーを着けていたら「それ金色?」と聞いてみるといいかもしれません。

<<イエローゴールドとピンクゴールドどっちにするか迷っているあなたへ

 

奥様がアクセサリーをあまりつけないタイプの場合、

  • スタイリッシュ、地味好み → ホワイトゴールド
  • 可愛い、繊細 → ピンクゴールド
  • ゴージャス、派手 → イエローゴールド

を目安に選んでください。

30代ですとホワイトゴールドかピンクゴールドを好む人が多いです。

この2色は相性が良く一緒に着けやすいので、あとは贈る人の好みでいいと思います。

 

もう混乱して何がいいかわからん!

誰か決めてくれぇ~

という方には、銀色(ホワイトゴールドかプラチナ)を推薦しておきます。

<<金色と銀色で迷っている方へ

スポンサーリンク

まとめ

10石の記念品向きダイヤモンドジュエリーの相場は

  • リング1カラット20万円
  • リング0.5カラット10万円
  • プチネックレス・ピアス2万円

くらいです。

プレゼントを用意する、しないにかかわらず、素敵な記念日になるといいですね♪

 

関連記事

イエローゴールドとピンクゴールドどっちにするか迷っているあなたへ
...
プラチナとゴールドどっちを選ぶ? あなたの好みは周期的に変わる
...