夏休みの自由工作・研究 八王子小学生「まだ間に合う」駆込イベント

電子工作中 多摩地域

小学生のお子さんを持つお父さんお母さん、夏休みの宿題は順調でしょうか?

もし

「えっ、自由工作まだ始めてないの!?」

という驚愕の事実が判明したら・・・

ラストチャンスです!!

工学院大学 八王子キャンパスの科学イベントで自由工作も自由研究もなんとかなります。

2018年も夏休み最後の土日(8月25日、26日)に開催です。

 

スポンサーリンク

工学院大学 わくわくサイエンス祭 科学教室とは?

2日間で7,500名以上が来場する多摩地区最大級の科学イベント。

工学院大学の地元貢献&学生のアクティブラーニングの場として毎年開催されています。

 

84のテーマのうち、ほとんどのテーマが当日参加OK!

人気の一部テーマではオンライン事前申込制が導入されています。

 

スポンサーリンク

当日の注意

人気テーマは事前申し込み

昔は抽選だったんですが、時代が変わりましたねぇ。

抽選券GETの攻略を練って走っていた子供たちの姿が懐かしい・・・

 

さて、事前申し込みが必要なテーマは・・・

  • ⽴体万華鏡の⼯作
  • ⽜乳からプラスチックを作ろう
  • 熱気球を作ってあげてみよう
  • 永久ゴマを作ろう
  • 点滅するLEDで空中に⽂字を書こう
  • 医療材料を⽤いて⽴体⼿形を作ろう
  • カラーアロマキャンドルをつくろう
  • カラフルなぷよぷよ宝⽯を作ろう
  • ペットボトル・エアカーを作っては走らせよう
  • プログラミング体験・アニメーションを作ろう

となっています。

お父さんお母さんの方がワクワクしてきません?

テーマと事前申し込み

 

その他のテーマ

その他のテーマは当日受付です。

巨大シャボン玉に入る実験、草木染、モーターづくり・・・

当日受付のテーマだけでも十分楽しめます。

高学年なら待ち合わせ場所を決めて子供たちだけで走り回らせておけば何かしら作ってきます。

 

弁当より水筒

とにかく暑いです。

学食が開いていますので、食べ物の心配はありません。

それより大きめの水筒を準備しましょう!

「あ、あれやりたい!」

と、子供はすぐどこかへ行ってしまいます。

本人が確実に持ち歩けるよう、ペットボトル手持ちではなく水筒の肩掛けをおすすめします。

 

その他の持ち物

手提げ袋は会場でくれます(多分)。

たくさん作るぞー! という場合はスーパーのレジ袋が1枚くらいあると便利です。

自由工作ではなく自由研究をするつもりならメモ帳と筆記用具を。

あとは、ウチワや虫除け、日焼け止めはあった方がいいです。

 

無料です!

こんなにすごいイベントなのになんと無料です!!

もちろん作品を持ち帰ることもできます。

 

その理由は子供たちと行けばすぐわかります。

「大学って楽しそう!」

「こんなに綺麗な食堂で給食?!」

「オレ、工学院大学に行きたい!!!」

参加費は将来学費として支払うことに・・・なるかもしれませんよ(笑)

 

スポンサーリンク

アクセス

JR八王子駅、京王八王子駅、西武線拝島駅からバスが出ています。

★JR八王子駅北口 15番乗り場
【直通】工学院大学行

工学院大学 下車
(キャンパス内バスロータリー)

★JR八王子駅北口 6番乗り場
【各停】工学院大学西経由
楢原(ならはら)町行

工学院大学西 下車
(降車バス停からキャンパスまで徒歩2~3分)

★京王八王子駅 3番乗り場
【各停】工学院大学西経由
楢原(ならはら)町行

工学院大学西 下車
(降車バス停からキャンパスまで徒歩2~3分)

★JR・西武拝島駅 3番乗り場
純心学園・創価大経由
工学院大学行

工学院大学 下車
(キャンパス内バスロータリー)

車の方はグラウンドが臨時駐車場になっています。

誘導員の指示に従って停めてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

八王子の小学生は友達と作品がかぶりがちですがそれはご愛敬。

その点は遠方の人の方がお得かも?

 

「自由工作・自由研究が間に合わない!」って時は駆け込んでください。

 

詳細はこちらから

工学院大学 わくわくサイエンス祭り

 

参考記事

夏休みの工作なら予約なしで作れる 相模原市 藤野芸術の家へGO!
...
読書感想文書き方のコツ 小学校高学年 感想を呼ぶ感想文を気楽に
...