昭和記念公園 黄葉・紅葉まつり2018見ごろ、見どころ

多摩地域

※2018年10月21日の紅葉状況の写真を追加!

11月は関東のもみじまつりラッシュ♪

多摩地域で色合いの美しさなら高尾山の紅葉八王子いちょう祭りでしょう。

しかし!

1か所で黄色も楽しみたい欲張り時短派さんにはこちら!!

昭和記念公園の黄葉・紅葉まつりです。

スポンサーリンク

黄葉・紅葉まつり2018開催時期

開催予定:2018年11月3日(土・祝)~11月25日(日)

開催時間:9:30~16:30

入園料:大人450円、中学生以下無料、シルバー(65歳以上)210円

スポンサーリンク

黄葉・紅葉まつり2018見どころ

紅葉

公園中あちこちが紅葉するので、様々な色合いを楽しめます。

 

とはいえ昭和記念公園は公園。

人工物です。

自然の醍醐味は高尾山にお任せして、計算された美術品のような紅葉を堪能するのがおすすめ。

「日本庭園」では絵画の中に入って散策しているような気分を味わえます。

(写真:レッツエンジョイ東京)

 

↓2018年10月21日の日本庭園の様子です。

かなり秋らしい雰囲気になっております。

しかしよく見ると・・・

黄味がかった途端、赤くなる前に枯れ始めている木がチラホラ。

これは赤くならない種類なの?

真っ赤になるのは別の木なの?

 

紅葉って夏の日照時間が長いと鮮やかになります。

でも、暑すぎると色が鈍くなるんだとか。

もしかして、猛暑のせいで紅葉せずに枯れちゃうとかそんなことないよね?

ちょっと不安です。

 

さて、日本庭園内の盆栽コーナーも必見です。

庭園全体をギューッと圧縮したような「ミニチュアの秋」、手に乗るほどの「マイクロな秋」の美しさにため息が出ます。

↓10月21日、紅葉している盆栽もありました♪

↓こちらケイトウ。右後ろの鉢も紅葉するのかな?

ケイトウの盆栽2

黄葉

真っ赤な紅葉もいいですが、ケヤキ並木の黄金色もいいですよ~。

多摩では国道16号のイチョウまつりが有名ですが、あちらは国道。

現役バリバリの道路です。

一方、こちらは公園内のペイブメント♪(←思わず英語使っちゃうくらいおしゃれです)

ヨーロッパの街中のようにいい雰囲気なので、デートコースにもおすすめです。

↓2018年10月21日、少し黄緑になったカナールのイチョウ並木です。

黄緑色の木漏れ日♪

この色もいいなぁ~

これが、やがて黄金色になります。

(写真:昭和記念公園、ウォーカープラス)

立川口付近のカナールは、噴水や水路が欧州貴族の庭園のように整えられていて本当に綺麗です。

11月23日(祝)~25日(日)まではライトアップが予定されています。

ライトアップの準備は万端のようでした。

しかし、今年はライトアップどころではありません!

なんと、2018年11月23日(祝)には花火大会が開催されます。

 

立川寄りのカナールのイチョウが有名ですが、実はもう1か所、運動ひろばの前にもイチョウ並木があります。

こちらもしっとりと美しいので歩いてみてくださいね♪(下に地図を載せています)

 

スポンサーリンク

黄葉・紅葉まつり2018アクセス

何しろ昭和記念公園は広いので、どこをメインに見たいかで降りる駅や駐車場が変わります。

入口別各駅からの所要時間はこちらです。

★昭島口
JR青梅線・東中神駅より 約10分
★立川口
JR中央線・立川駅より 約15分
多摩都市モノレール・立川北駅より 約13分
★玉川上水口
西武拝島線・武蔵砂川駅より
(残堀川緑道経由) 約25分
★西立川口
JR青梅線・西立川駅より 約2分
★砂川口
西武拝島線・武蔵砂川駅より 約20分

車の場合は、地図の右側にあるイチョウ並木の近くの立川口駐車場に停めるのがおすすめ。

公園で一番大きな駐車場なので満車になることはまずないと思います。

 

スポンサーリンク

昭和記念公園の10月中旬の紅葉状況まとめ

ヨーロッパの宮廷を思わせる立川口のイチョウ並木は黄緑色。

和服のマツケンが歩いていそうな日本庭園には、まだ燃え立つような赤色は見当たらず。

でも、秋の気配はしっかり感じられますよ。

美しい風景をぜひ楽しんでください♪

 

参考記事:

花火も見るなら勤労感謝の日

立川昭和記念公園 花火大会2018冬? 11/23開催決定!
...

自然を満喫したいならこちら

高尾山 もみじまつり2018 おすすめコース3つ&おやつ&お土産
...

いつもの国道が黄金色♪

八王子いちょう祭り2018の開催日・開催場所・イベント
...