ナイアガラの滝 お薦めホテルとアトラクション3つ

旅行

人生で一度は行きたい!と思う場所はどこですか?

私にとって、ナイアガラの滝はそんな場所の一つでした。

スポンサーリンク

ナイアガラの滝が一望できる「ザ オークス ホテル オーバールッキング ザ フォールズ」

宿泊したのはオーシャンビューならぬフォールズビューのホテル、The Oakes Hotel Overlooking The Falls。

まずは窓からの風景をご覧ください。日の出からライトアップまで、お部屋から眺める事ができます。

ナイアガラの滝 朝焼け

 

ナイヤガラの滝 昼間

 

ナイヤガラの滝 ライトアップ

とにかくナイアガラの滝をずーっと見ていたいなら、このホテルは絶対おすすめです!

ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境にあります。

「The Oakes Hotel Overlooking The Falls」はカナダ側です。

設備もきれいで、フロントの方も感じのいい人が多かったので安心です。

 

ホテルはH.I.Sで予約しました。

スポンサーリンク

ナイアガラを体感するアトラクション3つ

ナイアガラの滝クルーズ

これだけは絶対乗ってください!濡れても揺れてもとにかく乗ってください!

え、まだ近づくの?え、え、まだ攻めるの?ってくらい近づきます。

霧の乙女号とか、ミストクルーズなんて可愛い名前がついていますが、そんなの嘘です。船上はほぼ嵐です。

それも、雨のように上から降ってくるわけではなく、滝ツボに叩きつけられたしぶきが、大粒のまま飛び回っている空間に突入していく感じです。

視野全体がナイアガラの滝、膨大な水量と轟音にただただ圧倒されます。

ナイヤガラの滝 クルーズ

写真は、ほんの序盤、まだ撮る余裕があった時のものです。撮影の際は100円ショップのスマホ防水カバー(丈夫なジップロック?)が役立ちました。

でも、もうここにきたら、素人は撮影なんて諦めて、写真にも動画にも写らないホンモノを全身全霊で体感したほうがいいと思います。

カナダ側はまだシーズンオフなのか、船着き場がお休みでした。どうしても乗りたかったので、アメリカ側に橋で渡って乗りました。ちょっと遠かったですが、頑張って歩いただけの価値は充分あります。
船着き場がお休みだったら、国境を越えてでも乗りましょう!

ナイアガラの滝を横から裏から見るスポット「ジャーニー ビハインド ザ フォールズ」

カナダ側に、ナイアガラの滝を横から裏から見られるスポットがあります。

ビジターセンターの奥から降りることができます。

トンネルの先に流れているのがナイアガラの滝です。

ナイヤガラの滝裏

滝の厚みを間近で感じることができます。

ナイヤガラの滝横

「雪解け水が流れている地下室」なので、かなり寒いです。防寒はしっかり、カメラの防水カバーもお忘れなく!

ナイアガラの滝を飛ぶ?「ミストライダー ジップイン」

ナイアガラの滝を見ながら、670mのロープを滑車で滑り降りる感じです。

父と次男はノーサンキューということで、主人と長男と私が挑戦。

1人約6000カナダドル、日本円で5000円位なのでちょっとお高い。

近所の高尾山なら乗らないかな、と思いますが、そこは一生に何度もない特別イベントなのでトライ!

「何が起きても自己責任です」というiPadで3ページにも及ぶ誓約書と身元確認を入力してジャ~ンプ!

プリズム
プリズミン

カモメになれます♪

3人同時に飛んだため、残念ながら写真はありません。しょぼいポンチ絵ですみません・・・(注:ヘルメット着用です)

滑空が終わったあとは、下にマイクロバズが止まっていて、出発点まで連れて帰ってくれます。実は出かける前に、このアトラクションをYouTubeで見てぜひ乗りたいと思ったのですが、着いた後どうやって戻るのかが分からず、二手に別れた後の合流問題で頭を悩ませておりました。(ホテルの外はWiFiが飛んでいません。)我が家では、その日の旅程の最後にセットして、父と次男が先にホテルへ戻るという事で解決しましたが、マイクロバス送迎があるなら、出発点で待っていてもらうこともできますね♪
スポンサーリンク

ナイアガラの滝 カナダ側でカナダドルは必要?

必要ありません。

私はよくわからず、空港で多少カナダドルにも換金もしましたが、USドルしか持っていなくてもカードがあれば特に困りません。

スポンサーリンク

まとめ

ナイアガラの滝案内図

  • ナイアガラの滝、フォールズビューなら、「The Oakes Hotel Overlooking The Falls」がおすすめ!
  • ナイアガラ滝つぼクルーズは必ず乗るべし!

素晴らしい体験ができると思います♪

 

今回の旅行のまとめ記事はこちら

https://prism33.com/trip2018gw/