すぐ下ろせないかも?子供名義で貯める教育資金のデメリット

通帳 暮らし

子供が産まれたら、月々いくらと決めて教育資金を貯める決意をする家庭が多いのではないでしょうか。

我が家もそうでした。

あれからはや18年・・・座布団の上でフニャフニャ泣いていた長男はいつの間にか見上げるほどに成長し、晴れてその貯金を使う日がやって参りました。

受験料の振込をしようと銀行窓口にいくと…

スポンサーリンク

教育資金用口座は親名義で作っておくべきだった

OL
OL

申し訳ございません、当行では18才からはご本人でないとお引き出しできないんです。

プリズム
プリズミン

え?未成年なのに?身分証明書もありますよ。

「20才未満は子供」というのは法律上の話で、銀行の子供というのは定義が違うらしいのです。

考えてみれば18才で働いている人はたくさんいます。

銀行からすれば「本人の給与口座から勝手にお金を下ろそうとする悪い親」から顧客を守らなくてはなりません。

OL
OL

あのー、ATMでお引き出しなさってはいかがでしょうか?

プリズム
プリズミン

誘惑に負けないよう、カードは作らなかったんですよ。貯蓄用口座はカードを作らない方がいい、そんな話をどこかで耳にしたので…

OL
OL

これからも頻繁に教育費として使うなら、一度息子さんと来店して頂きカードをお作りになった方がいいですよ。

スポンサーリンク

もう手遅れなら早めにカードを作るべし!

ついでに15才の次男のカードも今のうちに作っておくことにしました。
プリズム
プリズミン

中学生ならまだ子供扱いですよね?本人のマイナンバーカードも持ってきたので、カードを作っておきたいのですが。

OL
OL

申し訳ございません、15才からは原則本人の同意が必要です。ただ、学校があってどーーーーしても来店できないなら、本人に書類を自筆で書いてお持ち頂ければ発行します。

「総合的に判断して」そうしてもらったので、いかにも悪い親っぽく見えたらダメなのかもしれません。

あくまでも「本人のサイン」を求めるのが銀行なのだと思っておいた方がいいみたいです・・・

スポンサーリンク

まとめ

子供の教育資金口座は親名義で作りましょう

銀行の本人確認は年々厳しくなっています。

教育費は保護者名義の口座に貯めておきましょう。

本人名義だと、いざという時すぐ下ろせません。

それに、教育費が必要になる時期は反抗期真っ盛り。

素直に銀行について来たり、書類にサインしてくれるとは限りません。

それでも子供名義にこだわるなら、せめてカードは同時に作りましょう

2018年3月現在、カードなら保護者(というか暗証番号さえ分かれば誰でも)がある程度出金出来ます。

が、18年後はどうなっているか分かりません。

常にATMの利用条件変更に気をつけましょう。

カードをつくったら、暗証番号は必ずメモしておきましょう。
銀行で手続きをしていたら、同年代の女性が窓口で泣きついていました。
「息子に渡した教育資金用の口座のカード、暗証番号が違うって電話があって・・・本人?九州の大学に送り出しました・・・でも、印鑑はこっちにあるし・・・何しろ18年も前の事で私も主人もどうにも思い出せなくて・・・何とかなりませんか?」

カードがあると他の用途に使ってしまいそうで心配なら、育英保険のような他の金融商品を考えた方が良いかも知れません。

ご参考になれば幸いです。