「占いは良いことだけ信じる」は可能か?占い必要度分岐点17%の話

水晶玉に写る未来 暮らし

「占い信じる?」

と聞くと

「良いことだけ信じる。」

と答える人が多いようです。

でも、そんなことって本当にできるものでしょうか。

結論から言いますと、占いの「良いことだけ信じる」ってできません。

そもそもあなたに占いが必要なのかも合わせてご説明します。

 

スポンサーリンク

「良いことだけ信じる」には2種類ある

チラシには「お得です!」より「買わなきゃ損!」と書く方が購買率が上がるそうです。

得をするより、損をしないように立ち回るのが人間の本能なのです。

 

なので、占いで良いことと悪いことを言われたら悪いことの方が気になるはずなのです。

「良いことだけ信じる」という発言は不自然です。

ではなぜ「良いことだけ信じる」と言う人が多いのか・・・

 

実は「良いことだけ信じる」と答える人には2パターンの人がいます。

  • そもそも占いをたいして信じていない
  • 良いことだけ信じたいと強く思っている

 

スポンサーリンク

あなたに占いは必要ですか?

色を扱うサイトの運営者はスピリチュアル好きな人が多くて私もちょくちょく不思議なサイトに迷い込みます。

知りたがりなので不思議な話は大好物♪

でも、みんながみんな占いに助けてもらう必要ってある?

占いが必要な人とそうでない人について考えてみましょう。

 

人気のある暦には必ず吉凶があるのはなぜか

誕生日をもとにする暦系の占いには必ずラッキーデーとアンラッキーデーがあります。

四柱推命、六曜、バイオリズム・・・etc

不思議じゃないですか?

ずっと幸運でいたいのが人情なのに、なぜ毎日が吉日の暦が定着しないのでしょう?

 

それは、毎日幸せだとそれが普通になってしまい「幸せ」を感じられなくなるからなのです。

風邪で寝込んではじめて健康のありがたみがわかるのと同じです。

 

凶日に気を付けて過ごし、吉日にウキウキして前向きに過ごすことで「うわぁ!ラッキー♪」という感覚を体感できる仕組みです。

 

17%がボーダーラインです

四柱推命の天中殺、六曜の仏滅、どちらも6分の1の確率で悪い時期がやってくることになっています。

6分の1と言えば、約17%です。

占いや暦で辛い状況から抜け出したいなら、17%のアンラッキーデーを認めると腹をくくってください。

占いや暦に沿って生きることで幸せな未来をイメージできるなら利用した方がいいです。

〇〇占い 吉凶パッケージセット
※吉17%、凶17%入り   ¥xxx

をポチったイメージです。

現状より凶が少ないなら試す価値ありです。

 

17%もアンラッキーデーがあるなんて嫌!

とっさにそう思ったあなた、

現状占いにすがるほど困窮していないと思われます。

今より多い「凶17%」を引き受ける必要はありません。

明るい未来は自分で思い描く方が良いと思います。

占いには深入りせず「金運がいい」と耳にしたら「宝くじでも買うか」程度の軽いノリでとりいれればいいのでは?

あなたこそ、占いをたいして信じていない系の「良いことだけ信じる派」になれる人です。

 

スポンサーリンク

良いことだけ信じたいと強く願っているあなたへ

ごめんなさい、それは無理なんです。

 

悪いことを言わない占いなら大丈夫?

悪いことは極力言わない(書かない)スタンスの占い師さんもいますよね。

悪いことを言わない占いを信じれば「良いことだけを信じる」ことができるでしょうか?

残念ながら、そうはいきません。

 

ある日、母が落胆して帰ってきました。

引っ越し相談に占い師さんを訪ねたら

「旦那さん長生きよ♪」

と言われたとのこと。

 

それ良いことだよね?

 

と思ったら

「私の方が短命ってことよ。家事もできないお父さんを残して逝くなんてどうしたものか。シクシク…」

 

ご主人は長生き

→私については長生きと言わなかった

→私の方が先に死ぬ

どんなに気を使って話す占い師さんでも、言わない部分から伝わることもあるという「言葉の宿命」からは逃れられません。

 

また普通は良いことでも置かれた状況によっては悪い意味に聞こえることもあります。

 

来年は運がいいよ

→今年は不合格?浪人か(by受験生)

 

下半期は金運上昇

→残業急増かぁ(by我が夫)

 

良し悪しは相対的・個人的な問題なので「絶対悪いことを言わない」なんて無理なんです。

(毒舌占い師よりはもちろん良いと思いますよ)

 

占いの「良いことだけ信じる」はできない

前段で占いや暦を頼りに生きるというのは吉凶パッケージセットを購入するようなものだと書きました。

ですから、大安は信じるけど仏滅は信じないとか、そういうことは基本できません。

それは「信じていない」状態です。

「毎日がどん底」から「ついてないのは6日のうち1日くらい」に回復するまでは一人で悶々と悩み続けるより何かにすがった方が手っ取り早いです。

それがカウンセリングなのか、コーチングなのか、ヒーリングなのか、占いなのか、宗教なのか・・・

ただ、変な人に騙されないようにだけは気を付けてください。

(気分が落ち込む病気だったら心療内科へ行ってください!)

 

スポンサーリンク

まとめ

「占いの良いことだけ信じる」はできません。

  • 占いで救われたいと思うなら吉凶合わせ飲んでください。
  • 占いが必要ない状態なら自分で未来のビジョンを描いてください。
  • 占いが必要かどうかは17%程度のアンラッキーデーを許容できるかどうかでおよそ判断できます。

 

参考記事 17%のアンラッキーに縛られるのは損かも? と欲が出てきたらこちらも

占いで悪いことを言われ「当たらない」と信じたいときに試すこと4つ
...