歩きやすいサンダル・ミュールはカラフルなエスタシオンがイチオシ

浜辺 カラフル

素足に履くサンダルは、痛いと悲惨です。

足に優しく歩きやすいものが良いですよね。

どこまでも歩きたくなるようなサンダルをご紹介します。

エスタシオン(estacion)のサンダルです。

スポンサーリンク

エスタシオンってどんなブランド?

大阪のレディースシューズ 企画・卸・販売店「株式会社フィールド」のブランドの1つです。

1996年の創業、カリシアモアルテというブランドも持っていて、主に百貨店で販売しています。

 

スポンサーリンク

エスタシオンのサンダルの特徴

笑っちゃうほどカラフル!

百貨店の靴コーナーに近づくと、遠目にも分かるほどカラフルです♪

これまでの靴では味わえなかった
ワクワクする気持ちを
あたえるデザインを理想としています。
履き心地の良さも大切に考え、
熟練した職人さんが
時間をかけてひとつひとつ丁寧に作っています。

出典:エスタシオンHP

とあるとおり、

見たこともないほど楽しいデザインです。

 

ソールがふかふか柔らかいのにヘタらない

とにかく足の裏がフカフカ!

5層構造になっていて、裸足より気持ちいいくらいです。

エスタシオンの5層ソールは履きこむ程、足馴じみが良い靴となっていくのが特徴です。
そして、この5層ソールのふわふわ感は長時間履いても体感できます。
一見重たそうに見えるソールも実は軽く、しっかり曲がるので歩きやすいです。

出典:エスタシオンHP

「ソールがしっかり曲がって歩きやすい」

と言えば、ウレタンのスニーカーソール・パンプス。

横から見ると、ワニの歯みたいなソールです。

2~3年ほど前からよく見かけます。

しなりがよくて歩きやすいのですが、

歩き癖があると1年ほどで変形してつぶれてしまいます。

すり減ったヒールのゴム交換と違い、

ウレタンソールはソールごと全取っ換え。

気楽に修理できません。

 

ウレタンソールに比べて、エスタシオンのヒールはつぶれませんし、ほとんど削れません。

普通の革靴ヒールより丈夫で、ウレタンソールより履き心地抜群です。

 

なんと本革!

おもちゃみたいなカラフル配色ですが、本革(外側が牛革、内側が豚革)です。

人工皮革でも最近は良いものが出ていて、新品の時はどちらも変わらず素敵です。

しかし、しばらくすると違いが出ます。

人工皮革は「汚れた」「壊れてきた」印象を与えがちですが、本革は「なじんだ」感じになります。

 

長持ちします

サンダルに1万5000円前後のお値段は高い?

そんな気もしました。

でも、長持ちするので結果お得です。

3回目の夏を迎えても健在です♪

留め具のマジックテープもしっかりくっついています。

 

カラフル過ぎてお手入れはどうするの?

と若干心配でしたが、

防水スプレーを時々かけるくらいで十分持ちます。

 

サンダル以外は・・・

エスタシオンのインソール(靴底)の気持ちよさに、シューズやブーツも購入しました。

履き心地は抜群でしたが、爪先が丸いので合わせる服の雰囲気を選びます・・・

個人的には

サンダル・ミュール > ブーツ > スニーカー > パンプス・バレーシューズタイプ

の順におすすめ。

特に、サンダルには爪先がないので「丸い爪先」が苦手な人も履けます。

 

スポンサーリンク

夏はカラフルが似合う季節♪

こういうカラフルで陽気な商品を作る会社はたいてい西日本拠点です。

エスタシオンの本社も大阪市。

うらやましいなぁ~

時々東京でのイベントもあるようなので、うまく当たったらラッキーです。

夏はカラフルな足元で、開放感を味わわなきゃ!

 

参考記事:

勤続25年のOL推薦!歩きやすいストラップパンプスのブランド3つ
...